volvo 740gle

アクセスカウンタ

zoom RSS 東日本大震災は「未曾有」でも「想定外」でもなかった

<<   作成日時 : 2012/01/15 19:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

テレビを見ていたら

東日本大震災は「未曾有」でも「想定外」でもなかった

やはり過去に何度も大津波にあっていたことが地層から判明

なんと大阪にも津波が襲っていたことが


これを見ると日本中ということが。

そして、大地震の後と必ず火山の噴火があるということ。

東北

関東直下型

東南海

地震が起きると

一体土木学者の先生達何していたんだか

地震予知連絡会なんて、素人集団ということがくっきりと

こんなやつらに税金を垂れ流ししていたなんて。

まあうすうすわかっていたんだが

こんなにあほぞろいとは

恥を知れ恥を

恥知っていたら

今頃のうのうと生きてられませんね。

もし会うことがあったら役ただずと言わせてもらいます。

会うことはないでしょうが

番組は。

ザスクープスペシャル

http://www.tv-asahi.co.jp/scoop/

こちらで動画配信されています

是非


古文書が語る“千年に一度”の巨大地震

平安時代の869年に東北を襲った貞観地震。古文書「日本三代実録」は言う。「家の倒壊や地割れで生き埋めとなり、多数の被害者が出た。荒れ狂う海は雷のような音をたて、渦巻きながら膨張し、巨大な波は瞬く間に城下を襲った…」さらに、三陸沿岸の地層ボーリング調査により、その正体は東日本大震災のひとつ前の“千年に一度”の巨大地震だったことが判明した。


道頓堀川を遡る大津波〜750年前に大阪が沈んだ〜

東日本大震災を受け、M9を想定して南海地震のシミュレーションをやり直したところ、大阪湾では津波が4m以上に達することが分かった。実は、大阪市はこれまで何度も巨大津波に襲われている。「斑鳩嘉元記」の記述を元に、750年前の津波がM9の津波被害に匹敵することを検証。
さらに「太平記」などの記述を元に大阪壊滅の状況を完全アニメ化、その全貌を伝える。

これには、現在でも残っている石碑があるのに驚いた。


500年前に宿場町が消え、大仏殿が崩壊した?

「東海道名所図会」によれば、15世紀、明応地震による巨大津波は、淡水湖だった浜名湖の堤を破壊して地形を変え、東海道の宿場町「橋本宿」を消滅させた。さらに高徳院に伝わる古文書には、かつて鎌倉大仏を覆っていた大仏殿は大津波で崩壊したとある。12月8日、神奈川県は古文書の記述も想定に入れ、鎌倉市の津波被害を最大14mと見直すことを発表した。


鎌倉の大仏殿は、確かに津波・地震で倒壊は聞いたことがあった



原発銀座”でもあった巨大津波

原発14基が集中する福井県若狭地方。原発事故直後、電力会社が地元議会に配った資料には「過去に若狭湾周辺で津波による大きな被害記録はない」とある。しかし、「若狭地方が大津波に襲われ多数の死者が出た」という古文書が存在していた。実は、古文書の存在を30年前に把握しながら、黙殺してきた電力会社は、11月、ようやく三方五湖のボーリング調査を開始した。


今、見直される地震考古学 〜6000年間に6回の巨大津波〜

古文書の解読だけでは大化の改新までしか遡れず、東日本大震災のような千年に一度の大地震は予測できない。そこで注目されるのが、津波堆積物から年代・規模を推定する地震考古学。
今年4月、北海道大学・平川一臣教授が気仙沼市の断崖で驚くべき発見をした。6千年間に6回の巨大津波が押し寄せたことを示す6層の砂石の地層。さらに宮古市でも今回の最高到達地点から津波地層を発見。未曾有のはずの巨大津波は約千年に1回、三陸地方を襲っていたのだ。



平安時代と酷似…“千年に一度の活動期”に入ったのか?

産業技術総合研究所の寒川旭研究員の分析によると、東日本大震災に至るここ最近の状況は、千年に一度の“巨大地震の世紀”とされる平安時代と酷似しているという。9世紀、貞観地震の後に発生した、関東直下型の元慶地震と東海・東南海・南海3連動ともいわれる仁和大地震。もし、日本が再び活動期に入ったとしたら、これから何が起るのか?古文書の記述から占う。

そして、富士山噴火の可能性は?

3月15日に発生した富士山直下型地震。大震災に誘発された富士山の火山活動活発化を懸念する声も出始めている。“千年に一度の活動期”の平安時代にも富士山の貞観大噴火が起っているが、古文書が語るその恐怖とは?さらに、貞観噴火でできた青木ヶ原樹海地下の巨大な溶岩洞にも潜入。富士山噴火の可能性についてシミュレーションする。








相変わらず原発の会社による
福井原発側から発表は「過去に大地震は無かった」
あったら、発表者の方責任取ってくれ、このことは社長も知っているのだろうから。
福島のようにぐずぐずに逃げないでくれ。

記者ももし地震が起きて何かあった場合の質問して
責任の所在をはっきりして欲しかった。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おお、嫌ですね地震。。。。
4年以内に70%の確立でくるとか。。。
過去の地震をもっとよく調べて、本当に来るのかどうか検証しなおして欲しいですが、来ると分かったらどうすれば良いのか。。。。
海外に逃げる?
そんな資金もないです〜〜〜〜。
誰か〜助けて!

2012/02/04 17:03
みょうがの芯さんコメントありがとうございます。
私は2年以内に95パーセント確立で来ると思っています。
来るとわかったら、地下鉄・地下の商店街にいたら、すぐ地上に出る、川のそばにいかない、昔地盤が海というところも、できればそういうところに近ずかない。
海外は逃げても無駄です、どこで起きるか解からないですから、しいて言えば太平洋沿岸ではないところがお勧めです。
日本国内ならどこに逃げても地震が起きてもおかしくないので、おんなじです。
v740gle
2012/02/05 23:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

gogo.gs
JavaScriptを有効にしてください。
東日本大震災は「未曾有」でも「想定外」でもなかった volvo 740gle/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる