volvo 740gle

アクセスカウンタ

zoom RSS 東電福島原発、2008年に「津波10m」試算

<<   作成日時 : 2011/08/27 22:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東電福島原発、2008年に「津波10m」試算


読売新聞8月24日(水)3時3分
[.]












 東京電力福島第一原子力発電所の事故で、
東電が、同原発に従来の想定を超える
10メートル以上の津波が到来する可能性があると
2008年に試算していたことを、
政府の事故調査・検証委員会(委員長=畑村洋太郎・東大名誉教授)
に説明していたことが分かった。


 東電はこの試算結果を
非常用ディーゼル発電機の位置を高くするなどの
津波対策に結びつけていなかった。
速やかに対策が取られていれば、
今回の事故被害を小さくできた可能性もあり、
事故調は詳しい経緯を調べている。

 東電は、土木学会が02年2月にまとめた指針
「原子力発電所の津波評価技術」に基づき、
福島県沿岸部に津波を引き起こす地震は
1938年の「塩屋崎沖地震」が最大級だと仮定。
同原発での津波の高さを最大5・7メートルと計算し、
冷却水(海水)をくみ上げるポンプの電動機の位置を
かさ上げするなどの対策を取ってきた。
だが東日本大震災で襲来した津波は14〜15メートルに達したため、
非常用発電機が浸水して全電源を喪失し、炉心の溶融を招いた。

 国の耐震設計審査指針が改定された06年9月
、経済産業省原子力安全・保安院は電力各社に、
各原発の耐震安全性を再評価(バックチェック)するよう指示した。
関係者によると、
これを受けて東電は08年夏、
福島第一原発で想定される津波の高さについて新たに試算していた。


もう、何も言うことは。

やはり、小出しにいかにも想定外の事がありました。

キャンペーンは。

国民を馬鹿にした小細工でした。

あまりにも馬鹿にしすぎ東電人たち。

本当に福島原発正しいことはいったことがありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

gogo.gs
JavaScriptを有効にしてください。
東電福島原発、2008年に「津波10m」試算 volvo 740gle/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる