volvo 740gle

アクセスカウンタ

zoom RSS ボルボのエンジン本当にポルシェが関係していた。

<<   作成日時 : 2010/12/19 21:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

ボルボの直6・直5のエンジン昔からポルシェが関係していた。
との話があり、

私は直4の16バルブに乗っていて信じていたのですが。

エンジンの振動がどうも乗用車ではなく不定期でいじったエンジンみたい

マフラーが高価なステンレスが標準

当時サイレントシャフトを三菱が開発し

各社が権利を購入したが

ポルシェが大々的に広告を打って、

市販車に搭載していたということで、信じていたんです。

ボルボ16Vのサイトでも当時ボルボ社に勤めていたという人の話もあり。

何んとボルボのホームページを調べてみたら

6気筒の事が書いてあるホームページがあり





Sixes from Volvo – A smooth 80 year affair

で検索


から抜粋

The 260 models disappeared in 1985, and when the 760 was replaced with the new 960 in the summer of 1990, the V6 from France was also replaced with a brand new six-cylinder engine, in aluminium with the cylinders in-line and with just under 3 litres capacity. It was the first example of a new modular engine family – the N series – which still forms the basis of the current Volvo engine programme and with the six-cylinder version turned through 90 degrees since 1998.

The largest version was introduced first. It was called the B6304F but affectionately referred to in-house as the N3P by Volvo engineers. It had been designed and developed in Gothenburg with the aid of Porsche in Stuttgart, primarily in relation to the design of the cylinder head. It was built in Skövde in an entirely new engine plant and was strikingly characterised by state-of-the-art technology such as low weight, compact size, double overhead camshafts, multi-valve technology, advanced combustion chamber design and cylinder bores positioned very closely together. Some oddities were an 11:1 compression ratio and a long stroke, after 22 years with short-stroke sixes.

The output was above the magic 200 hp limit, 204 hp at 6000 rpm, and it had a maximum torque of 267 Nm. Whereas the V6 had been accused of being both tired and noisy, this new engine was responsive and smooth as silk. This was a six-cylinder Volvo engine worthy of the proud heritage and tradition that had begun more than 60 years earlier.

Like the modular engine it was, it was soon accompanied by the sensational five-cylinder version that went into the new 850 GLT, and was turned 90 degrees in the engine compartment, and a couple of years later also the four-cylinder version for the S40 and V40 models.

B6304Fのエンジンのところにでています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
海外サイトまでチェックしているんですか。凄い。
麗しきボルボ愛ですね(笑)。
英文も読んでみたけど、途中で面倒になって断念しました(笑)。
マチベー
2010/12/20 23:59
マチベーさんコメントありがとうございます。
こことは違い、ボルボのニュース専門というか、マスコミ向けをチェックしています。
昔の担当さんに教わりました。
他にもないかと思って探したところ、こちらの見やすいところを見つけました。
英文読んだんですか、私はGoogle翻訳で読みました。
エンジンの名前を知っていたのでこの辺ということで翻訳してもらったら。でてきました。
v740gle
2010/12/21 21:21
こんばんは!こちらのでもお邪魔します!

いや〜〜〜ポルシェが絡んでいるとはかなり
自慢できますね。 それとあまり強調していな
のがいいかもです。 ボルボっぽい?

今思うに一番ボルボがボルボらしかった時代で
すね〜〜〜(笑

いまはどのモデルも〜微妙〜〜〜過ぎ!!
DYNAUDIO
2010/12/27 23:02
DYNAUDIOさんコメントありがとうございます。
当時ポルシェが倒産しそうで、いろいろな会社のものを、手伝っていたので。ポルシェが関係したものでベンツののE500などもありますから、当時のボルボは、まだ勢いがあった時代ですね、
今では、話題も何かスケールが小さくなってしまいました。
v740gle
2010/12/28 22:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

gogo.gs
JavaScriptを有効にしてください。
ボルボのエンジン本当にポルシェが関係していた。 volvo 740gle/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる